Mac初心者がM1 MacBook Airに乗り換えて2ヶ月後に感じたメリット・デメリット

Apple製品

WindowsからMacに買い替えを考えてるけど、使いこなせるかしら・・・

Macはものすごく実用的で使いやすく、人生の生産性を上げてくれる素晴らしいマシンです。

プログラマーとして10年以上Windowsを使ってきた私ですが、見事Apple信者と化しました。

ただし、買い換えるならメリットとデメリットを知っておきたいところですよね。

この記事では実際にMacBook Airを使ってみて感じたデメリット、そしてそれを補って余りあるメリットについてお伝えしていこうと思います。

M1 MacBook Air を選んだ理由はこちらの記事に書いてます。

M1 MacBook Air購入!Windowsから買い替えた理由
こんにちは。ガジェット大好きヌリエです。 突然ですが、7年使ったPCに限界が来ました。 ということで生粋のWindowsユーザーの私ですが、流行に乗ってM1 MacBook Airを買ってしまいました! ...
スポンサーリンク

はじめにスペック

私が購入したオプション、スペックは以下の通りです。

  • 8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ
  • 16GBユニファイドメモリ
  • 512GB SSDストレージ

メモリは、ガジェット界隈では8GBでも充分みたいな意見も散見されましたが、私は色々同時に開きたい派なので、16GBを選択しました。

MacBookは後でメモリ増設できないですし、メモリは多めに積んでおくほうが良いかなと思います。

GPUは8コアと7コアの差額が約5千円なので、リセールバリューも考えて8コアを選びました。

3Dモデリングとか動画編集とか特殊な作業をしないなら、7コアで充分かもしれません。むしろ3Dモデリングするには8コアでも不足かも?

ストレージは動画編集するなら1TBあったほうが良いかと思いますが、画像編集程度なら512GBで充分です。

最近は外付けSSDもお安くなってますし、ストレージは削ってもよさそうです。そんなに色々なアプリを入れる予定がないなら256GBでも良いのかもしれません。

ただ、私は  iPadやiPhoneの最低容量のものを買ってとっても後悔した経験があるので、Apple製品の最低容量のものは大抵後で足りなくなると思っております。iCloudにガッツリ課金できる方なら足りるかもしれません。

使ってみて感じたデメリット

前提として、Macの使い勝手は素晴らしいです。

でもWindowsから乗り換えた初心者として、いくつかのデメリットも感じました。

Winとの操作の違い

これは仕方ないといえば仕方ないのですが、操作方法が何かと違います。

  • スクショのとり方は? → Shift+Command+3だそうです。
  • F7でカタカナ変換できないの? → 設定でできます!
  • デリートキーはないの? → fn+Back Spaceだそうな。
  • スクロールの方向が逆! → マウスなら違和感あるかな?トラックパッドなら問題なし。

Windowsに慣れている方ほど最初は戸惑うと思います。私もまだ分からないことだらけです。

Macでのショートカットキーは基本的にCommandです。コピーはCtrl+CじゃなくてCommand+C!

そして一番の問題が、Commandキーって左端ではなく、左から3番めの中途半端な位置にあるのです。

これは押しにくい!

ただ、これは設定で変更できました!「システム環境設定」ー「キーボード」ー「修飾キー」でCapsLockとCommandの動作を入れ替えできます。

最初は苦労すると思いますが、一度覚えてしまえば大したことはないです。

そしてショートカットキーやトラックパッドの動作については色々とカスタマイズできるので、自分の使いやすいようにどんどんカスタマイズしたら良いかと思います。

外付けディスプレイが1枚まで

M1 MacBookは基本的には外部ディスプレイが1枚までしか繋げません。

※ただし特定のハブを使えば複数も接続可能だそうです。

ただ、上でも書きましたが、Macは複数デスクトップの機能があるため、仮想的にデスクトップをいくつも用意できます。

なので大きめのモニタでデスクトップを切り替えながら使えば思った以上にストレスなく作業できます。

私は22インチの液タブをメインモニタにしているので、全く不満を感じておりません。

たまにはMacBook本体のモニタもサブ的に使用しますが、基本的にはこれ一枚で作業しています。

やっぱ大きい液タブにしてよかったー。

でもお絵かきなどをしない、WEBブラウジングや動画視聴くらいかな?という方は本体の画面だけでも作業は可能かと思います。

外部モニタと本体モニタの2画面でも足りなければsidecarでiPadを3画面めとして使うこともできます。

ヌリエ
ヌリエ

ちなみに私は3枚必要と思ったことは一度もありません。

【番外編】Macでイラスト制作する方へ

私はsidecar機能を知ったとき、iPadを液タブ化してApple Pencilでお絵かきできるのでは?と期待したのですがうちのiPad、第7世代10.2インチで思ったより小さい。

PC用のお絵かきソフトはiPad用に最適化されたprocreateなどのアプリと違ってメニューががっつり表示されるため、描画範囲が狭すぎました。なのでお絵かき用としては使い物になりませんでした。

iPad pro 12.9インチとかならまた話は違うのかもしれません。

ただ、sidecarでお絵描きするぐらいならiPadでprocreateなどのアプリを使用したほうが使い勝手は良いのではと思っていますし、Macでしっかりイラストを描きたいなら大画面液タブを買ったほうがよっぽどコストパフォーマンスは良いです。ちなみに私が使用している液タブはこちらです。

ヌリエ
ヌリエ

液タブについてもまた詳しく記事にしようと思っていますので興味のある方は読んでみてくださいね

Mac対応してないソフトがある

世界中のPCのシェアの9割近くがWindowsだそうですから、やはりWindowsのほうが対応ソフトが多いというのは仕方ないとは思います。

細かいフリーソフトなんかはWindowsしか対応していないということも多々ありますし、検索したときの情報もWindowsの方が多いです。ユーザー数の差が圧倒的に違うので。

ただ、私の場合は困ったことはありません。

Office系アプリも、仕事で使うのでなければ

  • Excel→Numbers
  • Word→Pages
  • Power Point→Keynote

で充分代替できます。むしろWindowsなら別途買わないといけないところが、Macなら標準で入っているのでお得感もあるかも。Mac版Officeもあるので、必要なら購入すれば良いと思います。

唯一Macでは厳しい、というジャンルは ゲーム だそうです。

我が家は全くPCゲームをやらないので問題ありませんが、ゲームをするならWindows一択とのこと。

ただ、それ以外の 作業効率化系のアプリなどはむしろMacのほうが豊富 です。

ブログを書く、イラストを描く、動画編集する程度でしたら、Macで全く問題なく作業できると思います。

M1チップ対応していないソフトがある

M1チップに対応していないソフトというのもまだまだ存在するようです。

特にMacでWindowsを動かすためのBootCampが使えないなど、プログラミングやWEB開発をしたいという方にはちょっとハードルが高い ようです。

基本的にはRosetta2( Intel用からM1用への変換アプリ) を使用してほとんどのソフトが使用できるようですが、気になる方は自分の使用したいソフトがM1対応されているかわかるサイトもあるので、事前にご確認されると良いかと思います。

拡張性がない

一般的にはWindowsのほうが拡張性があります。

MacBookは、後からのメモリ増設もグラボ交換もできません。

ヌリエ
ヌリエ

メモリを鬼のように積んで、好きなグラボを選んで、とかしたいならWindowsのBTOパソコンを選ぶべきですね。

昔はクリエイティブ職ならMacと言われていたけど、今はWindowsを使っているクリエイターさんもかなり多いようです。

ただ、Windowsはメーカーもスペックもデザインも無数にありすぎて どれがいいか分からない! ってことないですか?

初心者さんやPCにそこまで詳しくないという方は、Macの選択肢の少なさは逆に「選びやすい」というメリットになると思います。

Macならエントリーモデルを選んでも、ある程度高スペックなので、悩むことが少ないかなと思います。

アクセサリが色々必要

Macは何かと周辺機器、アクセサリが欲しくなります。

まずは カバー

始めはカバー無しでいきたいと思ってたんです。MacBookのサラサラした触り心地や美しさを楽しみたかったので。

ただ、MacBookの表面は思った以上に傷つきやすかった

うちのMacBookはリビングに置いてるので娘がいろいろなものを落としたり、するわけですよ。

ぴちたん
ぴちたん(6)

・・・あっ!(ペンを落とす)

ヌリエ
ヌリエ

あ・・・あああああああああああああああ

はい、一瞬で傷つきました。

持ち歩く予定ないからケースは買わない予定という方も、シールタイプでも良いと思うので装着をおすすめします。スキンシールならこちらがおしゃれで種類も多くて良さそうでした。

ただ、貼るのも大変そうだったので、私はハードケースにしました。

大切なMacですから、液晶保護フィルムやらキーボードカバーやら色々揃えたくなります。

クラムシェルモードで使いたいとなると、別途キーボードやトラックパッドまたはマウスなども必要です。

そしてハブも必要になるかもしれません。次でご説明します。

ポートが少ない

こちらはM1 MacBook最大のデメリットかと思います。

MacBook Airのポートは、USB Type-Cポートが左に2つのみ!です。

はい、どう考えても少ないです。

シンプルを追求するAppleらしいといえばらしいですが、正直全然たりない。

まだまだ世の中の機器はUSB Type-Aが主流ですのでハブは必須です。

そして位置が左だけなので、外部ディスプレイを右側に置きたい場合はとてもケーブルがごちゃつきます。

ヌリエ
ヌリエ

せめて右にも1個ぐらいつけてください。イヤホンジャックとかいらないからマジで。

HDMIやSDカードもハブがないともちろん使えません。

まぁハブさえ買えば良いのですが、せっかくの美しいMacなので余計なものはあまり繋げたくないですよね。

とはいえ、私の場合は 基本的にはHDMIもSDもUSB接続も使わないのでハブは使用しなくても何とか足りてます。

キーボードや外付けテンキーもBluetoothですし、液タブもUSB Type-C接続できて助かりました。

最近はBluetoothやUSB Type-C接続の機器も増えてきているので、もしかしたら私のようにハブがいらないという方もいるのかもしれません。

 

使ってみて感じたメリット

色々とデメリットを書きましたが、買って後悔するほどのデメリットではありません。

むしろそれらを打ち消すほどのメリットを感じております。

直感的な操作性

何よりもこれですね。

とにかくトラックパッドが素晴らしい。

4本指スワイプでできる複数デスクトップ

仮想的なデスクトップを複数準備できる機能なのですが、これは一番のお気にいりで、めちゃめちゃ使い勝手が良いです。

ヌリエ
ヌリエ

ちなみに私はペンを持ったままMacを操作することが多いので3本指スワイプに変更してます。トラックパッドの操作と動作は自分の使いやすいようにいろいろカスタマイズできますよ。

これがあるとディスプレイ1枚でもかなり効率的に作業できます。

私も使う前は「そんなに便利かなー?」と思ってましたが、使ったらほんと、感動しますよ。ぜひ使ってみてほしいです。

Macはほとんどの操作をフワッと指をすべらせるだけで直感的に操作できます。

スクロールも2本指でスムーズ。Windowsのタッチパッドでも同じようにスクロールできるのですが、動きの滑らかさがまったく違います。

このスルスル感はクセになります。

iPhoneやiPadとの連携

期待通り素晴らしかったです。

MacはiPadやiPhoneとのデータ連携が、全く意識しなくてもできます。

たとえば

・メモアプリに書いた文章は何もしなくてもiPadやMacにも連携されてる

・iPhoneでコピーした文字をMacでペーストする

・iPhoneのSafariで開いていたWeb画面をそのままMacで表示できる

・iPhoneで撮った写真が何もしなくてもMacやiPadのフォルダ内に保存される

・さっきMacで開いてたブラウザ画面が、iPad開いた瞬間反映されてる。

なんて感じで、まるですべてひとつのデバイスかのように、無意識に使えるのです。

AirDropも便利です。メールやクラウドサービスを経由する必要がなく一瞬でポンです。

サクサク動く

会社で使っているそこそこのデスクトップPCと比べても、サクサク感はMacのほうが良いです。

動きがなめらかで、スルスル動く。iPadと同じ感じ、といえば伝わるでしょうか。

2ヶ月ほど使用しましたが、イラッとしたことは一度もありません。

ストレスフリーなPC生活で、本当に今まで使ってたストレスフルなDELLノートはなんだったんだろうと言う感じです。

美しい

やっぱり単純に見た目が美しいです。筐体も画面も美しいのでモチベーションが上がります。

見るだけ触るだけでワクワクしませんか?私だけ?

すべすべのさわり心地とか、エッジのラインとか。

Apple製品の中でもMacBookは見てるだけでトキメキます。

こんまりさんも持ち物はトキメキで選べって言ってたよね。

ヌリエ
ヌリエ

Apple信者と呼びたいなら呼べばいい。

まとめ

ここまでデメリットとメリットを書いてきました。

デメリットも色々挙げましたが、どれも大した問題ではありません。

ヌリエ
ヌリエ

「ポート少ない問題」だけは少々不満ですが・・・

このMacの気持ちの良い操作感は、一度使えば病みつきです。

私はMacを買って大満足です。

ただ、Mac使用歴2ヶ月程度のヒヨッコですので、まだまだ私の知らない便利な使い方などもあるかもしれません。また何かあれば記事にしたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました