カーポート太陽光発電の訪問営業の話

ソーラー関係

家を建てて数ヶ月経ったある日。
夜家でくつろいでいる時にそれは突然やってきました。

そう!
カーポートに載せる太陽光の訪問販売!

その名も国内「最強度」のカーポート。

正直、急に何やー?と思いましたが、とりあえず話聞いてみたので概要をまとめておこうと思います。

今回訪問販売に来た会社、最初に訪ねて来た人は20代後半ぐらいの若い男性。
ザックリした説明のみで、後日改めて詳しい説明をするためのアポ取りが目的でした。
そしてそのための謳い文句が、

「カーポートが無料でつけれますよ!」

だったんです。

めんどくさがりな僕は、普段ならこの手の話は門前払いするんですが、この時はちょっと事情が違いました。
それは、

  • そろそろ外構やりたいなーと思っていた
  • ガレージは諦めたけど、カーポートぐらいは欲しいと思っていた
  • 単純に「無料」という言葉に惹かれた
  • 太陽光業界の最新動向をヒアリングするチャンスと思った


何か前向きに話を聞く要素がいっぱいあったんです。
てな訳で、後日空いている日を伝えて改めて説明に来てもらう事にしました。

後日上司が説明にやって来た。

指定した日に前回の人の上司と思われる人が訪ねてきました。
一人だけです。
どうやら、アポ取りと説明で業務が分業がされているみたいです。

説明に来てくれた人は40~50歳ぐらいの人。
肩書は課長でした。

玄関で立ち話も何だったので、リビングまで上がってもらって席についた途端。
「あのー、それで提案についてなんですがー」的な感じで、いきなり本題を話しだすオジサン。
一気に身構える、僕。

「これはマズイやつや・・・」と。

もうちょっとこう、まずは雑談とか、何かあるでしょうに。
つかみは完全にアウトでしたね・・・

案の定、提案内容はイマイチでした。

提案内容について

肝心の提案内容についてまとめておきますね。

  • カーポートのラインアップは車1台用と2台用の2種類
  • それぞれ3.2kWと6.4kWのソーラーが搭載される商品です
  • パネルはパナソニックのHIT
  • 屋根代わりに太陽光パネルを搭載するタイプの商品
  • カーポートの値段は
     1台用972,000円
     2台用1,200,000円
     ※太陽光パネルの費用は別


今回は2台用カーポート(6.4kW)での提案でした。
パネルは1枚当たり320Wだったので、多分産業用の型番と思われます。

肝心の値段は?

カーポートが0円(これは言ってたことそのままホントでした)

カーポート用の基礎工事が120,000円
太陽光6.4kW分が2,304,000円
合計で2,424,000円。
これに消費税がついて2,617,920円でした。

更に一括で払えない人にはソーラーローンも用意しているという事で。
ローンの場合は月々17,500円を15年間。
総支払額は3,150,000円という事です。

得られる売電収入は?

僕の家の場合は、既に家に10kW以上の太陽光が載っていますので、扱い上は増設という事になります。
10kW以上なので買い取り期間が20年。

ちなみにこの商品を単独で設置した場合は10kW未満なので買い取り期間は10年間になります。

それでは、両方の場合について総収入金額を見ていきましょう。
共通条件は以下の通り。

・向きは南東
・6.4kWでの年間発電量は6900kWh
 (業者さんのシミュレーションより)
・買い取り単価はH30年度で計算

10kW以上の場合

  • 買い取り単価が18円+消費税なので19.44円
  • 6900kWh×19.44円×20年で2,682,720円
10kW未満の場合

  • 買い取り単価が28円
    (10kW未満の場合は消費税分はなし)
  • 6900kWh×28円×10年で1,932,000円


結局お得なの?

ここでは見やすいように数字をちょっと丸めますね。

支払額は
一括の場合262万円
ローンの場合315万円

収入は
増設で10kW以上にできる場合は268万円
単体設置で10kW未満の場合は193万円

となります。

一般的に見て、一番多いケースはローン支払いで単体設置(6.4kW)のケースだと思います。
実に、193万-315万=122万円の赤字。
ちなみにカーポートの定価が120万円。
要は、

太陽光もカーポートも全部定価で買わされるってことです。

仮に資金量に物を言わせて一括支払いにして、更にもともとソーラーを積んでいて20年買い取りをGETした場合でも
268万-262万=6万円の黒字。

たった6万円ですよ?
20年で。
なんとひと月にすると250円も儲かるんです!

わざわざ高い金額払って工事して、しかも20年間のメンテナンスと故障リスクを抱えて。

ナメてますよね(笑)
旨みゼロってやつです。

もちろん、市や県の補助金をもらえる場合や、自家消費して電気代が安くなれば買電単価と売電単価の差分が多少はプラスになりますが。
まぁ知れてますね。
という訳で、これ以上の詳細検討にすら値しない残念な案件でした。

カーポート無料のカラクリは?

最初に営業マンが言っていた
「カーポートが無料でつけれますよ!」
というカラクリ。

もう説明するまでもないかもしれませんがまとめておきますね。

実際、無料というのはホント。
見積上は0円だったので決して嘘はついていないという事になります。

ただ、単純にソーラーのkW単価が高いので、そこにカーポート代金が含まれているって事でしょう。
つまり、ソーラー100万+カーポート100万=200万

ソーラー200万+カーポート0円=200万
って書いてるだけ。

今回の太陽光システムは6.4kWで230万ぐらいなので。
kWあたり36万円です。

これは非常に高い!

この半年以上前に、同じHITのシステムで各社見積もりを取った時は、大体26~27万円/kWが相場でしたからね。

採用しなかった理由まとめ

今回はもちろん採用は見送りました。
最後に改めて採用しなかった理由をまとめておきますね。

  • 見た目がダサい
    コレは、僕の好みの問題
  • カーポートの両端でパネルの隙間から雨漏りするのがイケてない
    構造上、屋根の代わりにパネルを積んでいるので隙間ができるんです。
    車を置く部分の上は雨受けがついているので大丈夫らしいんですが、端っこ(支柱の外側)は構造上ついてないらしいです。
    端っこで車降りると濡れるかもしれないです。
  • 単純に高い
    もう説明不要ですね。
    完全に収支が赤字です。
  • 既に10kW以上積んでるので、将来単価下がったり売れなくなった時に絶対持て余す
    ここも何気に重要。
    将来的には売電という概念は薄れ、各家庭での蓄電が主流になっていくでしょう。
    kW数が多すぎると蓄電システムも割高になりますし、あと廃棄コストとかも高くなるので注意が必要です。
    あまりウェイトを上げ過ぎず、適度に留めておくのがいいでしょう。


今回の一件を通して
やっぱ訪問販売系は商品力や提案力がイマイチだなぁ、と再認識しました。

そりゃあ、わざわざ「買ってくださーい!」って家まで訪ねて来るぐらいなんですからまぁ当然ですわな。
結局、「無料」という聞こえのいいキャッチーな言葉や、わざわざ訪問販売をしているっていう時点で情報弱者、考えない人をターゲットにしているってことですね。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村